読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

【ネタバレ】芥川賞「火花/又吉直樹」感想

ミーハーなもので、昨晩20時に又吉直樹の火花が芥川賞受賞とのニュースをTwitterで受け取って、その10分後には自転車に跨がり書店に飛ばし、純文学とかよく分からないけどすぐに読み始めて、今せっせと感想文をしたためているところです。ネタバレ!というほど大きな展開があるわけではありませんが、未読の方、ご注意を。ちなみに僕は書評とか書けませんから、あくまで感想文です(笑)

 お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

Amazonよりあらすじです。 若手芸人の先輩後輩が、たびたびお酒を飲みながらお笑いを中心とした価値観を語り合う。主に先輩神谷の話を後輩徳永が聞いている場面が多い。季節は流れ、二人の芸人としての生活、プライベートにも変化が起こる。テレビをよく見る人ならだいたいイメージの湧く、「芸人の人生」みたいなものが描写されています。これが純文学というものなのかもしれませんが、僕が普段読んでいる娯楽小説に比べて展開が少なく、静かに時間が過ぎていくのを読む、という感じでした。帯に書かれていた太宰治要素は、、、ダメ男と気立てのいい女性?人間失格ってそんな話じゃなかったっけ?最後のオチは神谷さんの理想である、ぶっ壊す笑いを体現した形となっており、芸人らしい独創性のある面白い展開でした。

胸を揺らさないように気をつけながら泣いている。

 とか絶対笑うやん・・・。

 

人間関係に不器用な徳永が、周りに媚びずぶれないポリシーでお笑いをやっているアウトロー芸人神谷に共感と憧れを抱き、神谷を鏡として自己を映し出し、内省する。徳永にも、明確な成長が見られるわけではないが、ただただ燻っているわけではない、少しでも前に進もうというエネルギーは感じさせる。僕にも心の師匠みたいなものが欲しいなあと思いました。

憧憬と嫉妬と僅かな侮蔑が入り交じった感情で恐れながら愛する

そんな師匠が欲しい。完璧な人間ではなく、人間味に惹かれ、その人のいい価値観にも悪い価値観にも寄り添いたくなるような。

 

好きなシーンは、修羅場で徳永が神谷に勃起を強要するシーンと、蠅川柳。逆に苦手だったシーンは、解散後にヤフーニュースで(ヤフーニュースって決めちゃうww)叩かれたあとの、「みんなも舞台に立ってみるといい!」という語りのシーン。これ以外のシーンはあくまで神谷が徳永に話を聞かせているスタンスをとっているからよいのだが、ここのシーンでは完全に筆者又吉がこっちを向いて語りかけてきているようで、押し付けがましさ、くどさを文章から感じてしまって嫌な気持ちになった。最後の漫才のシーンもちょっと狙ってきているなあと冷めた目で見てしまった。芸人から見れば激アツなのだろう。だから帯で千原ジュニアが「芸人が書く小説の終止符」と評しているのかなと思った。尖ったネタで売れたら理想なんだけどねー、みたいな芸人のラジオ聞いてたらよく聞くテーマも。読者(僕)が耳年増になってしまっている部分もあるが。

 

別に基準があるわけではないです。ただなんとなく、読み物として、僕の採点では60点です。なにも知らない人に「面白かった?オススメ?」と尋ねられたら曖昧な笑みを浮かべてしまうレベル。過去の受賞作もおそらく読んだことがないので、これが芥川賞受賞作としてふさわしいのかどうなのか、という点については判断が下せない。僕の読みもきっと滅茶苦茶浅いのだろうから、今からネットサーフィンして書評を読み漁ってこようと思う。

 

蛇足1

作中で飲みのつまみとして登場する「肉芽」というものがなんとも美味しそうだなあと思い、読後に検索してみると、なんだ、「むかご」のことだったんですね。肉料理かと思いました。妙にガッカリした僕でした。

f:id:r1ckey:20150717011351j:image

http://marron-dietrecipe.com/sakesakana/sakesakana_irimukago.html

 

蛇足2

文中の関西弁のアドリブの掛け合いは読みやすくて楽しいです。昔読んだあさのあつこの青春小説「The MANZAI」や週刊少年ジャンプ連載だった「べしゃり暮らし」を再読したくなりました。

 

蛇足3

神谷と徳永のメールのやり取りの、用件の終わりににつけるお約束のナンセンスなフレーズが好きでした。「泣きわめく金木犀」「聖なる万引き」「彼女と瓜二つの排水溝」ってやつ。自分もやってみたくなって、友人からのLINEの返事を少し長文にして末尾に「ポロリはないよ、浴衣だらけの盆踊り大会」「ハーメルンのほら吹き」と立て続けにやってみたのですが、ペンギンが首をかしげるスタンプで「?」と返信が来ただけでした。うーん、お互いセンスがない!!泣

 

おしまい。