読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

舞い上がってました

舞い上がってました。楽しかったです。今、舞い散ってます。

 

付き合う前からこんなにストレス抱えるようじゃもう無理やろ。テスト勉強が間に合いそうに無いからって言ってデートを延期されるようでは。脈がないのか、あっても薄々だ、絶対。

 

顔は結構可愛かったんだけどなぁ。高島彩似だったんだけどなあ。でもそれ以外に惹かれる要素が何も感じられない、惜しむべき点が見当たらない、というか。

 

僕のお喋りに対する向こうのリアクションの薄さ。おそらく根本的にツボが合わないんだと思う。べつにこちらだって、抱腹絶倒のすべらない話をしてるわけじゃないけど、それにしてもウケが悪すぎる。もっと言うならば、向こうに僕への特別な悪意があるとか、僕の話への関心が薄くてこんな事態になってしまっているわけじゃない(と推察する)、それなのにどういうわけか、退屈なんだろう。すなわちフィーリングが合わなかったと。一緒にいて楽しかったのは、LINEをし始めて、初デート、そして2回目のデートの待ち合わせまでだったな。

 

仕方ないな。諦めよう。お付き合いし始めてから相性が悪いと気付いて互いに不幸せにならなくてよかった。

 

てっきり相性も悪くなくて、俺に惚れてるもんだと勘違いしてたわ。もうこの夏に彼女ゲットは確定事項だと思い込んでいた。早とちりした。でもやっぱ惜しいなあ。僕の経験不足が祟ったね。次のチャンスが回ってきたときに、しっかり女性を自分に繋ぎ止めておける自信がない。実際、そんなスキルは持ち合わせていない。

 

(2014年6月1日のキモい日記が浜辺に打ち上げられていたので干しておきます。)