読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

俺の・・・一番・・・古い記憶・・・??

なかなか厨二心をくすぐられるお題ですね。

 

今週のお題「一番古い記憶」

学校や飲み会の席などで、自分が思い出せる「一番古い記憶」の話をしたことはありませんか?

今週のお題は 一番古い記憶 です。

幼少の頃の思い出や好きだったこと、夢かどうかわからないような不思議な記憶などなど、あなたが思い出せる「一番古い記憶」について投稿してください。

 

親によく聞かされてきたエピソードならば僕が2歳の頃のものが存在するが、それは親に植えつけられた記憶であって、当の僕自身は一切身に覚えがないのでノーカウントだ。純粋に僕の脳裏に焼き付けられた風景、出来事・・・開けることの許されないパンドラの箱・・・それは・・・

 

【記憶1】

幼稚園、年長さんの頃の話。一番仲の良かったみずいろ組のナオちゃん。ある日、幼稚園が終わって直接ナオちゃんのお家へ遊びにいくことになった。

「ちょっと着替えてくる!」

幼稚園の制服を着替えに、隣の和室へと消えていくナオちゃん。待っている時間が退屈で、ソワソワと落ち着きをなくす僕。当初、今思えばアスペルガーの傾向を有していた僕。なんの悪気もなく目の前のふすまを開ける。そこにはあの日助けた真っ白なツルの姿が!

「エッチ!!!」

「!!?」

何が何だか分からなかった。そんなつもりはなかったのだ。「のび太さんのエッチ!」あの名台詞を僕は実写版で浴びせられた。ああそうか、ナオちゃんは女の子なんだな。僕が生まれて初めて「性」というものに出会った瞬間であった。10年後、母親同士がやり取りしている年賀状に、ギャル化したナオちゃんの写真が載っていた。中学生だった僕はとてもとても興奮し、その年賀葉書を盗み取ると自室へと駆けた。

 

【記憶2】

妹が生まれたときに、自作のあいうえお表を作って妹のベビーベッドに貼ったところ、「字覚えるのなんてずっと先の話やんかwwwwwwプゲラwwwwww」とおばあちゃんに笑われて顔から火が出るほど恥ずかしかった記憶。父親が何かフォローを入れてくれていた記憶もある。妹の生まれた年がハッキリしているこの記憶が、僕が4歳の時で最古のものですかね。

 

【記憶3】

いや、違う。妹が生まれる前に母親が入院していて、父親が会社に行っている間。朝から晩まで独りでプレイしていたスーファミのスーパードンキーコング2。いま「ドンキーコング2 うーううううう(BGM)」でググったら、当該のYoutube動画が出てきた。あらためて、グーグル先生すげえ。正解。タルタルこうざんでした。これが僕の思い出せるかぎり、一番古い記憶。

 

www.youtube.com

 

4歳差の妹が生まれてくる以前の記憶が残っていないって結構怖いな。一人っ子時代の記憶・・・何も出てこないな。人は3歳頃以前の記憶は覚えていないものらしい。心理学でそういう説明があるようだが、なんだか寂しいものですね。