読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

たった今スター・ウォーズエピソード7/フォースの覚醒を観てきたネタバレ感想と疑問点

ネタバレ注意!!

ネタバレ無しの感想なんて大したことは言えないけど、あえて言うなら

感想:今まで通りのクオリティー。ファンのツボは押さえられてるのであろう!ってことで

(あと、ネットで騒がれてた、ワンピースのルフィのメッセージが上映されるっていうやつ、無かったんだけど??それどころか他作品の予告も、映画泥坊さえ無かったんだけど??うちだけ??そんなバカなw)


以下、ネタバレあり感想

 「ルーカスフィルムを買収したウォルト・ディズニー・カンパニーが作る最初のスターウォーズ」ということなんだけど、シリーズ過去6作を今月中に改めて予習して新作公開に臨んだ僕の目から見ても、今作から何かが大きく変わったような印象はないですね。


今まで通りの、スターウォーズファンが喜ぶ映画になっていると思います。当然、過去のシリーズを見ていた方がより楽しめるのは言うまでもなく。

「フォースを巡る新しい家族の愛と喪失の物語」という予告通り、喪失(お亡くなりになる方)もありました。


舞台はエピソード6、デススター崩壊から30年後、どういうわけかルーク・スカイウォーカーが失踪した、そのあとのお話。今回の主役は女性です。主役のレイ(デイジー・リドリー)はフォースの持ち主。

ドロイドはR2-D2から世代交代し、BB-8。R2-D2はルーク失踪以来、傷心でスリープモードに入っちゃったそうです(かあいい)

新作ドロイドは下半身の大玉全体でコロコロ転がって、
ちょっと未来的な(?)デザインになりました。これがエピソード6時代から30年間の進歩・・・!! 首の可動域を得て、首をかしげるなど表情豊かなBB-8は作中でちょくちょく客を和ましてくれます。

レイとの出会いのシーンなんかも、捨て猫と目が合っちゃって拾ってくるような感じがたまらんかった・・・

www.youtube.com


主役のレイを支えるのが、帝国軍を裏切った冴えないトルーパー、フィン。BB-8が運ぶ「失踪したルーク・スカイウォーカーへの地図」を巡って、反乱軍のパイロット、ポー・ダメロンとともに行動を共にします。

レイが強奪した船が偶然、過去作に登場したミレニアム・ファルコンで、その因果でハン・ソロ、チューバッカとも再開。おばあちゃんになったレイア姫も出てくる。運命ってあるもんですねぇ(真顔)

今回の悪役、カイロ・レンはダース・ベイダーの偽物みたいな男だが、彼は実はレイアとソロのあいだの息子。レイアの血を引いているからフォースの力を持っていて、今回の黒幕(名前失念!)スノークに唆されて暗黒面に堕ちたよう。祖父(レイアの父親)であるダース・ベイダーに憧れている。黒いマスクはこういう理由です。

別に呼吸器の代わりになっているわけではありません。だからところかまわず着脱可能。そこで晒される素顔!!!!

・・・・・?

あれは"スター・ウォーズ顔"じゃなかったですね(笑) あれは、そう、ハリー・ポッター顔だ(笑) 完全に、スリザリン顔だ(笑) まさか黒髪とはね。別に何か予想があったわけじゃないけど驚きました。

そう思うと黒幕はヴォルデモートだ(笑) パルパティーンのしわくちゃの顔とも少し違う。今回は一切正体を明かされないまま終わってしまいました。

メンツが出揃ったら、あとはだいたいはお約束の展開。エピソード6を思わせる作戦会議。戦闘機によって相手の要塞を爆撃。

フォースの力に目覚めたレイがライトセーバーを振るい、カイロ・レンとチャンバラバトル。(フォースの覚醒っていうのは、レイの覚醒のことだったんですね!)チャンバラのクオリティーが過去作よりもしょぼいのは、ジェダイが絶滅した時代の設定だからでしょうか。ダースモールやデュークー、オビワン、アナキンのようなキレッキレのアクションではありませんでした。

そういえばレイとレンが切り合う前に、レンが実の父であるソロを殺します(アッサリ)

レイの生い立ちについて具体的に語られることはなかったけど、年代的にも、ルークのライトセーバーを前にしてフラッシュバックを起こしたシーンからも、カイロ・レン同様、レイアとソロのあいだの子どもなんでしょうね?(疑問1)本人はまだ気づいていないのでしょうが、ルークとレイアが別々に育てられたのと似た境遇なのでしょう。

でもレイが捕らわれてレンと対面した段階で、すでに顔見知りかのようなやり取りをしていた気がするんですが、気のせいでしょうか?兄弟であることは認識している?(疑問2)

ラストシーンでレイがルークにライトセーバーを届け、To be continued... 次作ではルークがレイを育てて、レンを倒すというシナリオでしょうか。レンの短気で揺れ気味な性格も今後、洗練されて、強キャラになっていくんでしょうね。

最初に「スカイウォーカーの地図」をポーに託したおじいさんは誰だったんだろう?てっきり彼がルークで、意味のないルーク捜索を行っているのかと最初は思っていましたが・・・?(疑問3)


公開後1時間で書き上げる感想としては、こんなもんでしょうかね。また付け足しがあれば追記しますね。

(追記)

沢山のアクセス、コメントをいただきありがとうございます。
カイロ・レンのハリポタ顔への共感が集まったのが、個人的に嬉しかったです。
思惑通りにいかずに指令室でライトセーバーを振り回して暴れたり、一瞬ソロの言葉に心揺れたりする未成熟なレンの性格についてももっと言及する予定だったのですが、うっかり忘れていました(笑)

過去作を予習したり気合い十分に観賞に挑んだものの、コメントを見ていると見落とし部分がたくさんあって、とても参考になりました。一部、紹介させていただきます。

レイはルークの娘説!
いずれにしても次回作を観るまでの予想なのですが、この説は有力だと思います。レイとレンは従妹同士。
一族の内輪もめで銀河系の平和が左右されると思うと、なんて迷惑な血なんだと思わずにはいれません(笑)

そして、ただのトルーパーだと思っていたフィンが(弱いながら)ライトセーバーを扱えたのはフォースの血を引いていたからじゃないかという説。
ルークとレイアが兄妹だったように、フィンとレイが兄妹だとしたら、フィンがレイに一方的に惚れている感じもルークたちと重なるところがありますよね。

次回作以降は不安定だったレンが闇を極めてパワーアップし、レイとフィンに襲い掛かるんでしょう。レンはとにかく伸びしろがありそうですもん。ハリポタ顔だけど。

【関連記事】

今年突然映画にハマった僕が選ぶ2015年公開オススメ映画ランキング(スターウォーズ新作待ち)