読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

【おいしい?】日清カップヌードル プーパッポンカレー味 感想

冗談交じりのレビュー 冗談交じりのレビュー-食べもの

プーパッポンwwwwwピープッパンwwwwwwwwwwwww

ピープッパンwwwwwwwwプーパッポンwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ちょっと待ってほしい。

「ああ、マンドリルのやつ、とうとう頭がおかしくなって・・・」とつぶやきながら119ダイヤルを押すその手を止めて欲しい。

意味が分からない?それはこっちのセリフだよ!

 プーパッポンカレーってなんやねん

6月はもうブログを更新する予定がなかったのだが、スーパーへアイスを買いに行ったところ、衝撃的なカップ麺を発見してしまった。

f:id:r1ckey:20160629180118j:plain
出会って4秒で即購入・即湯沸かし・即試食・即ブログ更新と相成った次第である。

そもそもプーパッポンカレーとはなんぞやという疑問にはパッケージ背面に答えがある。いわく

本場タイだけでなく、日本でも人気が広がっている「蟹と卵のカレー炒め」プーパッポンカレーをカレーヌードル流にアレンジしました。蟹と香味野菜の味を卵がまろやかに包み込む甘口カレーです。

f:id:r1ckey:20160629180239j:plain

日清のカップヌードルといえばカレー味の絶対的安定感はよく知られるところ。

プーパッポンとやらの味は相変わらず想像ができないが、そんな未知の世界をインスタントに食べられるというのも日本が世界に誇るべき食文化の良さなのではなかろうか。

トムヤムクンも、すっぽんスープも、最初に味を教えてくれたのはいつだって他でもない、日清さんではなかったか。

参考記事→「カップヌードルリッチ スッポンスープ味」で僕の愚息は精力増強されるのか(ないと思うじゃん?) - 憂き憂きマンドリル

いざ、実食

f:id:r1ckey:20160629180050j:plain

蓋を開けてみるとふわっとカレーの香り。蟹(の代わりのカニカマ)と卵、ネギ、パプリカが確認できます。香りからは本家カレー味ほど濃厚に感じられず、またタイカレーをタイカレーたらしめるココナッツの香りは注意深く嗅がないと気づかない、そんな程度。

甘辛カレーとの記述がありましたが、日本のカレーで言えば中辛一択という模範的中流志向の僕の口に合いますことやら。

仕上げオイルは蓋上面に添付されている。期間限定の商品にはこの隠し味的な小袋が付き物だ。

好奇心でペロリとひと舐め。香りは強いけど味のない、なんとも形容しがたいアブラでした。

お湯を注いでマツコと3分!(誤変換だからしょうがない)

f:id:r1ckey:20160629223635j:plain


\テメーら!微笑みの国からの風をお届けだ!!/

f:id:r1ckey:20160629180038j:plain

えっ?


うそ?


マズいぞ・・・汗


\微笑み終了ーッ!!/

これだけ濃厚な味に見せかけて、それぞれの味が打ち消し合っているのか、トロみはあるけどうっすいカレーの味になっている。「まろやかに包み込む甘口カレー」という一文から拝借するならば、包み込み過ぎて何も見えなくなっている状態なのかもしれない。

本場タイのプーパッポンカレーの味を知らないのでその再現度についてはレポートできないが、他のメディアで意見を読んでいても賛否両論であり何とも言えない。

私の感想としては、これはお金を払って食べる価値はないと思います。

先日試食したすっぽんヌードルもとりたてて美味しくはなかったけど、今回はそれをさらに下回る味ですね。

トムヤムクン味は100点満点の美味しさだったのにどうしてこうなった・・・

日清トムヤムクンヌードルは今でも売っているところでは売っていて、とてもおすすめです