読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

男の浴衣・・・それは思いがけずドキドキの女装体験へ

オモシロイと思って書いてる

ここ2回の更新で【昨年の花火大会の思い出】と、【今年の花火大会の思い出】を綴り、2つを比較して遊んでみようという試みに挑戦しました。ウケたかどうかは別にして、書いていて楽しかったです。

 

今年の花火大会で僕は、初めて出来た恋人と、初めて浴衣を着るという、僕自身の人生史上稀に見る浮かれっぷりを晒したわけであります。ディズニーランドでミッキーの耳をつけたり、コミケでコスプレをするのとまったく同じです。それぞれのシチュエーションに合わせたコスプレです、男が浴衣を着るということは。僕はディズニーにもコミケにも行ったことがないんですけどね。そういう気恥ずかしさがあるという認識でオッケーですか?(??)

 

恋人が「陸も浴衣着ていこうよ、お願い」と僕に注文をしてきたとき、僕は渋った表情を見せながら内心、彼女に大いに感謝しました。というのも、言われなくても僕は浴衣が着てみたかったのです!でもさでもさ、自分からは言い出しにくいじゃない!恥ずかしいじゃない!又吉に憧れてるって思われるんじゃないかって気が気でないじゃない!羞恥心強めの僕の願望を意図せずすんなり促してくれるあたり、彼女は本当に優秀だと思うんですよね。あ、ここ惚気です。

 

百貨店などの売り場で実物を見て選ぶのが一番良かったのかもしれませんが、そこはヒッキーな僕なので、迷わず楽天市場にアクセス。「あのぅ、メンズの浴衣を探してるんですけどもぉ」なんて恥ずかしくって言えませんやん。そして楽天市場のランキング1位の浴衣にたどり着く。(今調べたら楽天のランキングから姿を消しているJIGGYS SHOPのメンズ浴衣。完売したからかな?)

◆roshell(ロシェル) 極浴衣6点セット◆

アフィリエイトのやり方とかよく分かんないし宣伝する意味はないんだけど、楽天で買ったときのメリットは、

・6千円とか安すぎ和露多ww

正直相場とか分からないので、1万円未満なら幾らでも安すぎィ!と言ってしまいそうな気もしますが。1万円越えを覚悟していた僕は即決でした。質も若干糸のほつれがあったり、「パジャマにこういう生地あるよねw」とか言われたりしましたが、無問題です!

 

・なんかいろいろついてくっぞww

下駄と、信玄袋(巾着)と、扇子がついてくるのです!やっぱりちゃんと浴衣を着こなした以上は、ショルダーバックにレザーサンダルでは興ざめじゃないですか。品質はともかくとして、セットですべてを揃えてくれたのは初心者の僕には本当に有難かった。扇子は正直安っぽくてペラペラでしたが、下駄は鼻緒が柔らかく親指と人差し指のあいだが靴擦れを起こすようなこともなく満足でしたし、巾着も財布、スマホ、ギャッツビーのフェイシャルシートを収めるにはちょうどいいサイズ感。

 

・マジックテープだなんて聞いてないよぉ!

着方なんてテキトーです。あまり帯を上のほうで巻くとバカボンみたいになるから注意!とグーグル先公が言ってたので、そこだけ意識した。着崩れ防止のために角帯の下で浴衣を止めておく腰帯というものが付属されているので、それを腰骨のあたりでギュウギュウに縛って、上から角帯を巻きつける。素人に本格的な角帯を着付けるのは難しいという配慮からか、当商品はなんとマジックテープ(苦笑) 実質浴衣を固定するのは下の腰帯なので、これの締め付けが重要になる。んまぁ、完成形はまったく違和感なく着こなせるから良しとします。

 

・そしてNew Worldへ(ここから本文)

8月1日。燃え盛る太陽光。茹で上がるコンクリ。浴衣を着た男女2人。花火大会の会場の最寄り駅に降り立つ。男のほうは慣れない自分の浴衣姿にソワソワしている様子。そこへ突風が!

「アっラぁあ!!!?」

艶かしい声を出したのは男のほうだった。夏の風が、薄布に覆われただけのボクサーブリーフを撫で上げた。ヌルットと、それは大地の、神々の優しく柔らかい手つき。その初体験の感覚を、現実のものと受け止められずに目を丸くしている男。着付けの仕方が甘かったのだろう、薄っすらと毛の生えた白い下腿がチラリズム。

「スカート履いてるときの女の子ってこんな感じなのかぁ!!」

われに返り、興奮気味に女のほうに向き直る男。苦笑いの女。

 

皆々様におかれましては、是非ともこのスカスカ感を、公序良俗に反しない範囲で体験していただきたく、この記事を上梓いたします次第です。

 

たまには他人の役に立つ記事を書こうと思っていたのに、無知と変態性を晒しただけの結果になって本当に申し訳ないね。暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。(締まった♪)

 

 

↓風情と役立ち情報を備えた記事とはこういうものを言うようだ・・・><

yamayoshi.hatenablog.com