読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うきうきマンドリル

鼻の角栓抜くのの次くらいの暇つぶし

ぬらりとひかる蜜壺で童貞を捨て、さらに女王様にお会いしてきた日の顛末

オフ会レポなんてクソの役にも立たない本人の自己満足・・・

面白く書かれている試しがない・・・

そう思ってた時代が私にもありました・・・


私、昨日「オフ会童貞」を捨ててきました

初めてのお相手が男性であるという一点だけが悔やまれますが、非常に貴重な初体験だったので文章に残しておきます。

3月末に関東で開催されるオフ会へのお誘いを頂いていたのですが、主に体調の問題で泣く泣く不参加。

その数日後、静岡県在住のぬらひかるさんのTwitter上での「ブロガーさんに会ってみたいな」という誰に宛てるでもないツイートに勢いだけで飛びつき、1週間後のオフ会の日取りが決定

(比較的)近所に住む暇な男子大生こと僕が、予定のない春休みを返上し会いに行った次第

f:id:r1ckey:20160406181032j:plain

 昼の部(ぬらひかる氏編)

ぬらひかるさんといえばマスク(話を聞くと本当はマスクじゃなかった)をかぶったミステリアスなアイコンが印象的なブロガーさん

f:id:r1ckey:20160406181040j:plain

アイコンだけをとっても素顔を見てみたいブロガーの筆頭のような男。ツイキャスなどの声を手がかりに顔を想像すると、「滑舌のいいキングオブコメディの制服パクったほう(今となっては失礼にあたる)」の絵が浮かぶのだが果たして?

わりと毒舌で鋭いことを仰るときもあるので、よほど闇の深そうな男性が現れるのだろうと想像を膨らまし身を固くする

待ち合わせ場所である静岡駅のロータリーに車を寄せ、目印代わりに車種と車の色をDMで送ると、ぬらさんは数分後に現れ僕の車の窓ガラスをノックする

(イメージと違う!!若い!!)

当たり前といえば当たり前だ

風イ谷のホームページの嬢の写真と実物ですらその見た目に大きな乖離のあるというこんな世の中で、オフ会にイメージ通りの人物が登場することを期待するほうが間違いなのである

ぬらさんは僕のイメージとむしろ真逆の、優しそうなお兄さんだったのだ

こんなおちゃらけたアイコンを自撮りで撮影しているような変人にはとても思えない。

f:id:r1ckey:20160406181040j:plain

無事に合流を果たし、静岡県民のソウルフードともいうべきレア肉のミンチが食えるハンバーグ屋「炭焼きレストランさわやか」へと向かう。女優・長澤まさみが好きなお店としても有名だ。

到着し、車を降りてようやく気付いてしまったのだが、僕とぬらさんの服装が丸かぶり。

青のシャツにベージュのチノパン

↓ 僕。

f:id:r1ckey:20160406182644j:plain

 ↓ ぬらさん。鉄板の油のハネを紙ナプキンでガードしているところ

f:id:r1ckey:20160406182125j:plain


まさに、量産型の「あれ」なのである。穴があったら入りたい。

(2ちゃんでお馴染みの画像。)

f:id:r1ckey:20160406181821j:plain

 
ここで本来ならばこの店自慢の「生焼けハンバーグ」の食レポに洒落こむところだが、そんな量産型ブロガーみたいにパシャパシャと写真を撮るような真似はしない。

服装こそ量産型だが、そこにはブロガーとしての矜持というものがあるのだよ・・・とぬらさんが思っていたかどうがは分からないが、僕はそんなことを考えていた。しかし二人してハンバーグの赤身の目立つ断面すら撮影せずに食事を始めていたのはさすがに問題だと思う。

店員さんが南明奈似で可愛かったという二人の共通の感想だけは、ここに書き添えておく。

ぬらさんははてな界隈の話題を比較的ウォッチしているほうだったので、はてなブログに関する話題は多かった。ぬらさんが大人だから僕に合わせてくれただけかもしれないけど、はてなに関する物の見方が結構近いように感じました。

まとめると「チルドさん、いいですよね。」(一部抜粋)

そのほかにもここでは書けないオフレコな話題も飛び出したが、初対面とは思えない、合流してからあっという間の4時間弱を過ごした。

ぬらさん、ハンバーグご馳走様でした。

夜の部(queen09氏編)

静岡駅に戻りぬらさんとお別れすると、次は同じく静岡在住の女王様ことqueen09さんに会いに行く。(ここでタイトル回収)

IDのqueen09は特にこだわった理由があってつけた名前ではないらしく、まして20代後半のれっきとした男性なので僕好みのSMプレイは未遂に終わった

DMで待ち合わせ場所を検討している最中に先ほどの「さわやか」が候補に上がったが、「それはギャグであっても阻止せねばならん!」ということでクイーンさんの地元のコメダ珈琲でゆっくりすることに。

待ち合わせ場所であるコメダの駐車場で黄昏ていると、本日2度目のカーウィンドウ・ノック。

そちらに目をやるとクイーンさんの顔・・・ではなく、クイーンさんのアイコンである少年時代の写真そのものが窓ガラスに突きつけられている。

f:id:r1ckey:20160406185745j:plain



「・・・身分証明です(笑)

完全に先制パンチを食らった

アイコンの写真の現物を示す前に、メガネとマスクを外したほうが相手からの安心を得られるのではないだろうか・・・

鮮烈な登場を果たしたクイーンさんの顔をまともに見られる余裕もないままにコメダ珈琲に入店。向き合って席に着き、ようやく彼の顔を眺める。

(イメージと違う!!イケメン!!)

イケメンだった。色白のイケメンだった。たまの沈黙のあいだのボーっとしたときの表情は、本人談どおり栗原類に似ていた。

クイーンさんは僕に対して「芸能人に会っているようだ」と言ってくれて、僕の内なる承認欲求は沸点を超え、承認欲求(気体)は店内に充満した


つ【社交辞令】


クイーンさんは近頃はブログ活動をお休み中で、ぬらさんのときのようなブログ話は向かなかった。そこで二人は、張り詰めた日々の生活において如何に心の安定を確保するかという話を繰り広げた(笑)

傍から見れば辛気臭いテーマだっただろうが、これがなかなか心地よく、これ自体が心の安定に繋がったとか繋がらなかったとか。

かれこれ合流してから3時間弱。お互い不慣れで、最後はぎこちない別れ際になったがまた再会したいものである。楽しかったです。ありがとうございました。

締め

FC2ブログ時代から、ブログ歴が長いわりには仲良くなった人とお会いする機会に恵まれない人生だった

今回振り返って分かったことは、ネット上の知り合いというのはブログ等でお互いをある程度さらけ出している間柄なので初対面という感じはしないということだった。(queen09さんにいたっては初めてはてなスターを付け合って1年以上が経つ)

そうでもなければ出会って数十分の相手に「僕は風イ谷に尋常でない憧れがあるんですよ」などというインモラルな発言を投げかけたりなんかできない。

僕はコミュ障を自称しているが、初対面にめっぽう弱いタイプであり、案外オフ会では友人と喋るときと変わらないテンションで接することができるという発見があった。

オフ会意外とイケるやん!楽しいやん!

そんなわけで、もしも僕に会ってみたいと思ってくれるブログ読者の方がいらっしゃれば、今年度も暇な大学生をやっていますので是非お声掛けください。マンドリルとは似ても似つかない男が馳せ参じます。おしまい。


ぬらさんのTwitterとブログ
ぬら ひかる (@hikaru_nura) | Twitter『ぬ』ラブろぐ

クイーンさんのTwitterとブログ
queen09 (@disappear9803) | Twitter薄学多災